本場結城紬 及び下野市本場結城紬振興協議会

平成22年11月にユネスコ無形文化遺産に登録された「結城紬」は、古くより下野市(旧南河内町)、小山市、結城市において製織されています。製作本来の手法が守られており、伝統的な手工業による良質のものを今なお生産しています。下野市結城紬振興協議会は、その技術とともに、伝統文化の維持・継承を行っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事