コンパクトな街なのにJRの駅が3つ


【平成18年】 南河内町・石橋町・国分寺町が合併し「下野市」誕生

紀行は年平均約14度でちょうどいい
一番高いのが古墳といえるほど平坦な地形
積雪はほとんどなく、雷が比較的多い。
東京圏だけでなく県内でもベッドタウンとして人気です

下野市インフラストラクチャー

土地区画整理事業整備面積477.3ha
住民1人当たり都市公園面積15.65㎡
道路舗装率87.3%
上水道普及率97.25%(県内第1位)
下水道普及率88.2%(県内第3位)
小売業年間販売額461.41億円
大型店舗数11店
大型店舗面積32,198㎡
スーパーマーケット12店舗
コンビニエンスストア26店舗

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事